2019
08/19

【県有施設探訪シリーズ】館林市 群馬県立館林美術館

シリーズ「県有施設探訪」。今回は、県立館林美術館です!


暑さで有名な館林ですが、美術館周りはなんだか涼しげな雰囲気が漂っています。日本遺産に追加されたばかりの「里沼(SATO―NUMA)」の一つ、多々良沼(たたらぬま)もすぐ近くにありますので、これを機にぜひお出かけしてみてください(≧∀≦)ノ


展示室内は撮影禁止のため、外の景色ばかりの紹介になってしまいますが、館林美術館の美しさを少しでもお伝えできると嬉しいです。


駐車場から本館に向かう通路。建物の曲線美に目を奪われます。


水路を眺めているだけで涼しくなってきます…


赤レンガが映えますね。


赤レンガの中は「展示室1」になっていて、フランソワ・ポンポンという彫刻家の作品をはじめとした彫刻作品が展示されています。館林美術館の顔ともいえるシロクマの彫刻も、フランソワ・ポンポンの作品です。


建物の外の芝生広場がまた広いのです!


広場にポツンと立つ木は、どうしてこう味があるのでしょうか…( *’v’)b


芝生広場を回り込むと、「別館」が現れます。


いかにも「森の中のアトリエ」といった感じで、G子はとても気に入っています。実際、別館の中には彫刻家のアトリエを再現した展示もあります。


別館の壁。壁だけでもうオシャレです。


今回建物の中の写真はご紹介できませんでしたが、本館の展示も別館の展示も、見ごたえたっぷりでした!


現在、企画展示「みつめる-見ることの不思議と向き合う作家たち-」が開催されています。


誰もが知る日常的な風景を、7人の作家が絵で表現しているのですが、その表現方法はそれぞれ本当に様々で、眺めていると、見え方やとらえ方が人によってこうも違うのかという不思議な感覚に包まれました(。・_・。)


令和元年9月16日までの開催なので、ぜひ足を運んでみて下さい!建物周りを散歩するのもお忘れなく♪


■館林美術館


◎開館日時:(季節に応じて変化するので、ホームページをご覧ください)


◎料金(個人):(展示によって変化するので、ホームページをご覧ください)


◎住所:群馬県館林市日向町2003


TEL: 0276-72-8188 FAX: 0276-72-8338


館林美術館ホームページ


トップページへ戻る