2018
05/29

下仁田町 下仁田駅周辺エリア

県の広報誌「グラフぐんま」2・3月号の「おさんぽ日和」では、下仁田町の下仁田駅周辺エリアが紹介されています(^^)


下仁田町の中心市街地周辺は、中山道の脇街道の一つである下仁田道の宿場町があり、南牧谷方面(南牧村から長野県佐久穂町)と西谷方面(長野県軽井沢町)が分岐する要地として江戸時代には米を中心に生糸や麻、たばこ等の集散地として栄えました。


また、明治30年に下仁田~高崎間に鉄道が敷かれてからは、下仁田エリアで採掘された鉄鋼や石灰の輸送拠点としてにぎわいを見せたそうです。


下仁田駅周辺を街歩きしていると、レトロな看板や「昭和」の雰囲気漂うお店、通りごとに違う街路灯など、写真に撮りたくなるスポットが次々と発見できます。(^^)


 


また、こんにゃく粉と小麦粉をブレンドした「こんにゃくパン」のトーストにみそおでんのたれを塗った「みそトースト」、


下仁田特産のねぎとこんにゃく、しいたけがはいった特製コロッケなど、上毛かるたでお馴染みの特産物「ねぎとこんにゃく」を使ったグルメもいろいろ。気になります~。((o(^^)o))ワクワク~


下仁田ならではのおいしいものを楽しみながら、どこか懐かしい下仁田の町並みをのんびりお散歩してみてはいかがでしょうか(^^)/


HPでは特集や主な内容の一部が見られます。


■グラフぐんま:http://www.raijin.com/graph/new/index.html#0


グラフぐんまは図書館をはじめ、金融機関、理容室・美容室、旅館、飲食店などに置いてあります。また県内一部書店などでも販売しています。詳しくは群馬県HPをごらんください 


■群馬県HP:http://www.pref.gunma.jp/cate_list/ct00001453.html


※写真はすべてグラフぐんま2-3月号から引用


カテゴリー:

トップページへ戻る