2018
05/29

藤岡市「上州百姓米達磨―こめだるまー」山口あきらさん

藤岡市の山口あきらさんは藤岡市で米・麦・大豆の有機栽培、販売を行う「上州百姓 米達磨-こめだるま-」の農園女将として、有機穀物の販売や農園の広報・マーケティング、地域活動を行っています。「ガールズ天下プロジェクト」のメンバーでもあります。


愛知県出身の山口さんは日本や海外での生活を経て、縁あって群馬へ移り住んできました。


有機農業を営む夫の俊樹さんも群馬県出身ではなく、まさに土地の縁を得ての移住だったそう。


もともと農業ではない分野でキャリアを積んできた山口さんですが、農業はそれまでの経験すべてを生かせているだけではなく、それまで未経験だった経営や広報マーケティング、営業などの力も必要とされる複合的な職業であるとのこと。奥が深い、だからこそ面白い、そして、なんといっても「命」に直結する食を育む尊さを感じているそうです(・ω・フムフム)…。


そんな農業に魅了されている山口さんの次なる目標は「田文化共生」。田んぼを通じて年齢・性別・国籍にかかわらずすべての人が日本や世界の文化を感じたり、食について学びあえる機会をつくっていきたいそうです。


上毛新聞のオピニオン21委員としての執筆や、藤岡市教育委員会と連携した海外交流の生徒・参加者の受け入れなど、今やすっかり群馬県人、藤岡市民として活躍する山口さんですが、俊樹さんと二人三脚で取り組む農業について、素敵な例えでお話くださいました。


「私たちは木に例えると、とてもしっくりくるんです。夫が根っことして地にしっかりと足つけて根を張って有機農産物を育て、私が幹や枝になって情報発信し農業、特に有機農業の素晴らしさ、尊さを広げていきたい。目指す先は、私たちの木が大きくなるだけではなくて、私たちの様な異業種から有機農業に飛び込んだ姿を見て関心を持ってくれた人たちがそれぞれ個性ある地域の農業を担う“木”になって集まり、それが林になっていつか森になれたらステキですよね。」


キラキラした目でお話してくださった山口さん。これからの活動に目が離せません。


上州米達磨HP http://organic-y-farm.shop-pro.jp/ 


上州米達磨フェイスブック https://www.facebook.com/komedaruma.farm/


 


トップページへ戻る